外壁の塗り替えってどこに頼むべきか

家の塗り替えを、そろそろかなと考えている方に参考になればいいなと思います。

外壁塗装を行う業者としまして

  1. 工務店
  2. 建築会社
  3. ハウスメーカー
  4. リフォーム会社
  5. ホームセンター
  6. 外壁塗装専門店
  7. 塗装屋
  8. 訪問販売

これ以外にもあると思いますが、さっと思いつくのはこれぐらではないでしょうか

1.工務店

工務店の場合は、昔から付き合いのある所があればそこに、頼むのもいいかもしれませんが、塗装になると下請け業者に、頼むことになるので中間マージンが発生してしまいます。 普段あまり付き合いのない方は、外壁塗装の他に窓の入れ替えや、内装のリフォーム等がある場合は、工務店に頼むのがいいかも知れません。

外壁の塗り替えだけを、頼むのであれば中間マージンや管理費等が、上乗せされるのは覚えておいて下さい。中には、管理費だけ取って工事中には、全く工務店の人間が来ない事もあります。

2.建築会社

建築会社は、小さい会社だと工務店と同じだと思ってもらっていいと思います。しかしある程度大きな会社になると、下請けに地元の建築会社や工務店を使うので、単純に中間マージンや管理費が2倍になってしまいます。

3.ハウスメーカー

ハウスメーカーは、単刀直入に言いますとりあえず高いです。経費のことを考えると仕方がないかも知れませんが、材料や施工方法はしっかりとしているので安心はできます。しかし、余りにも高すぎるメーカーもありますので慎重に検討したほうよさそうです。

4.リフォーム会社

リフォーム会社と言えば、キッチン、部屋、など内装のリフォームをイメージするかも知れませんが、外壁の塗り替えもほとんどの会社がしています。

リフォーム会社も、工務店や建築会社と同じく下請け会社に頼みますので中間マージンや管理費等が、掛かってしまいます。

工務店と同じく内装のリフォームと一緒に頼むのであればリフォーム会社にお願いするのもいいでしょう。

5.ホームセンター

ホームセンターが、直接施工するわけではないので下請けのリフォーム会社や工務店が工事を行います。気に入った材料や工法があれば、少し金額は高くなりますがお願いしてもいいでしょう。

6.外壁塗装専門店

名前の通り外壁の塗り替えを行う専門業者です、ただ単に塗り替えだけでなく、ひび割れの補修や窓まわりのシールの打ち替えなど、外壁の悪い部分を補修してから塗装を行います。

工務店やリフォーム会社の下請けをしているのは、だいたいがこの外壁塗装専門店になります

7.塗装屋

外壁塗装専門店と何が違うの、と思う方もいるかもしれませんが塗装をするだけなので、ひび割れの補修や窓まわりのシールの打ち替えなどをしないところがあります。

補修ができない所が多いので外壁塗装塗装専門店の下請けをやっているところが多いです。

8.訪問販売

かなり悪いイメージがあると思いますが、中には金額もあまり高くなく塗装もしっかりしているところもありますが、ほとんどは金額が高く、見積もりいい加減なところが多いでしょう。

以上になりますが、ここだけは絶対ダメと言うところはないのですが、個人的に頼むとなると工務店か外壁塗装専門店にお願いするのがいいかなとおもいます。

どこも悪い所がなくて塗り替えだけして欲しいという場合は塗装屋に頼むのもいいかもしれませんが、外壁の場合足場に上り近くで見ないと分からないひび割れ等がありますので、その時外壁塗装専門店ならすぐに対応してもらえます。

どこでやってもらうにしても見積もりは、最低でも2社できれば4社ぐらいほしいですね。 あまりにも金額の差が大きい場合内容をよく確認してください、項目が多いほうが信用できるかと思います。

見積もりの見方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする