外壁塗装前の下地処理

外壁塗装と言うと上からもう一度、外壁用の塗料を塗るだけと思っている方もいるかもしれませんが、下地処理を行わないとすぐに塗装がめくれてきたり、漏水の原因になることもあります。

下地処理をする事により塗料の密着性を良くし塗膜のめくれや、膨れを最小限に抑えることができます。

下地処理って、どんなことするの?

高圧洗浄

高圧洗浄洗浄機という機械を使用して、水に圧力をかけて吹き付けていきます。塗装面のホコリ、コケ、カビ、ゴミ、などがブラシ等を使わなくても簡単に落とすことができます。

高圧洗浄洗浄機には、電気式とエンジン式があり、電気式でも落ちないこともないのですが、エンジン式のほうが、力があり噴射量も多いので一般的にはエンジン式を使用します。

クラック補修

いわゆるひび割れのことで、これを補修しておかないと、またすぐに同じところにクラックが入ってしまいます。小さなクラックでも、そこから水が入り雨漏りの原因になったり、塗膜が膨れたりしてしまいます。

クラック補修には、補修の仕方に違いがあります。

小さいクラックの場合は、カチオンフィラー(セメントのペースト状のもの)や、微弾性フィラー(外壁塗装の下塗りに使われるもの)を、クラックに塗るだけではなく、刷毛などでクラックの中に入れるように刷り込んでいきます。

少し大きいクラックの場合は、乾くとゴム状になるシーリング材を、ヘラなどを使ってクラックの中に入れていきます。

大きいクラックの場合は、Uカット補修というのものをします。ひび割れに沿ってU型の溝を作りシーリング材を充填して樹脂モルタル等で埋め戻します。

欠損補修

外壁の欠けている所や、もうすぐ落ちそうな所を調査して弱くなっているところは、全部撤去して、撤去した部分を樹脂モルタル等で埋め戻していきます。

鉄筋コンクリート造りの場合は、撤去しないこともありその場合、弱くなっている部分に穴を開けて、その穴にエポキシ樹脂の接着剤を注入して、さらにネジになっているステンレスピンを差し込みます、ピンを入れることによりネジ止めの効果があります。

塗膜脆弱部補修

今塗ってある塗装がめくれていたり、下地から浮いている状態のことで、その部分の密着が弱くなっている塗装を全てめくってしまいます、段差が出来るのでその段差をなくすように樹脂モルタル等で補修します。

シーリング工事

サッシ廻りや外壁の目地などについている、固まるとゴム状になる材料のことでこれが劣化していますと漏水の可能性が非常に高くなってしまいます。

施工方法には増し打ち、打ち替えが主になります。

増し打ちを行う条件としまして、既存のシーリング材があまり劣化していなくて、なおかつシーリング材の厚みが10mm以上打てる時にできます。

打ち替えは既存のシーリング材を全て撤去して、新しくシーリング材を打設して行きます、増し打ちよりも、撤去がある分費用や時間が掛かってしまいます。

増し打ちを行う条件に合うことは、あまりないのでほとんどが打ち替えになります。

その他

塗膜剥離

今塗ってある塗装の劣化があまりにもひどい場合、塗ってある塗料をすべてめくってしまうことで、剥離剤や、超高圧水等でめくっていきます。

一般住宅で行うことは、あまりありません。

カチオンフィラー塗り

外壁塗装の下塗りを塗る前に塗る、下地調整材で特殊な樹脂のセメントです。

密着が悪そうな下地の場合や、外壁の今ある模様を消してしまいたい時に使います。

密着がいいので、タイル面を塗装に変えるときの下地造りにも使用します。

普通の塗替えで使うことは少ないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする